Fairy gone フェアリーゴーン

Introduction

かつて妖精は、“兵器”だった―。

この世界には、動物に憑依することで不思議な力を宿す妖精が存在していた。
妖精が憑依した動物の臓器を摘出し、人間に移植することで、妖精を分身として出現させ、兵器として扱えるようになる。
妖精を戦争の道具として自在に操る兵士たち、彼らは『妖精兵』と呼ばれた。
だが、長きにわたる戦争が終結すると、彼らはその役目を果たし、行き場を失ってしまう。あるものは政府に、あるものはマフィアに、あるものはテロリストに、
それぞれの生きる道を選択していった。

戦争から9年の歳月が経つ。
未だ不安定な政治情勢の中、戦争によって受けた傷や過去を持つ犯罪者が現れ、
復讐のためテロを起こすようになっていた。
主人公の少女マーリヤは、ある事件に関わった事から妖精に関連する事件を捜査・鎮圧する違法妖精取締機関『ドロテア』に入隊することとなる。

これは、無秩序な戦後に抗い、それぞれの正義を求め戦う
『妖精兵』たちの物語―。


About Fairy 妖精とは

  • About Fairy imagesAbout Fairy images

    特定の条件を満たしており、
    “妖精原体”
    が発生しうる土地“妖精郷”
    かつてイースタルド中に
    点在していたとされるが
    “妖精原体”の乱獲と環境破壊によって激減。
    ほとんど現存していない。

  • About Fairy imagesAbout Fairy images

    “妖精原体”は特定の条件を満たした
    自然環境下で発生する。
    外形は羽の生えた半透明の生物。
    しかし、ごく少数の例外を除いて、
    人間は通常“妖精原体”を目視できない。

  • About Fairy imagesAbout Fairy images

    動物に憑依することで“妖精原体”は
    “妖精成体”へと変成し、
    人間でも目に見えるようになる。
    個体差が大きいが、
    異形の獣といった姿をしている。
    “妖精成体”の心臓には
    妖精器官と呼ばれる組織が密着している。

  • About Fairy imagesAbout Fairy images

    “妖精兵”が使役する“妖精”は
    強大な戦闘力を誇るもの、
    監視・偵察などに特化したものなど、
    “妖精成体”のような不思議な力を有する。

  • About Fairy imagesAbout Fairy images

    “妖精”が損傷すると、
    妖精兵はその度合いに応じて痛みを感じ、
    非常に大きな打撃を被ると
    失神することさえある。

    妖精が損壊すればするほど、
    再び出現させるのに時間を要してしまう。

  • About Fairy imagesAbout Fairy images

    “妖精成体”から摘出した妖精器官を
    体内に移植する「妖精器官摘出移植術」を
    受けた特別な兵士は“妖精兵”と呼ばれる。

  • About Fairy images

    “妖精兵”は様々な特性を持つ“妖精”の力を
    分身のような存在として出現させ、
    使役することができる。
    その圧倒的な力は統一戦争で
    猛威を振るった。